日記・コラム・つぶやき

2020年2月24日 (月)

2020!

今さらですが今年初の投稿になります。

やっと昨年末からの喧騒が落ち着きました。

音楽を始めて40年以上、ITエンジニアを始めて30年以上、この数ヶ月ほど周りの人に頼られたことはありません。
そして今後もまだ色々やらないといけないことがあるのは、本当に皆さんのおかげですね。感謝の念にたえません。
まぁ暇がない割には、色んな有料無料と映画とドラマは観るし、本も読んで音楽も聴いているし酒も飲んでいるんですが、全て芸の肥やしとして役立てております。

実は2年前に自分名義のライブをしてから、本気で自分が好きな音楽というのは何なんだろう?と考え続けました。

そして行き着いたのは、練習が好きなだけということでした(爆)
とはいえ好きな音楽というのももちろんあります。ただそれはジャンルではなく、サウンドでした。

つまり、フレーズを含んだ音色の組み合わせ。

例えばアイドルの歌でもいいんです。歌い方ひとつで記号だった文字が、インストの曲の場合だと単なる音列が、感情のこもった魂の叫びになる。
気づけばアイドルとはいえ、何十年も支持されている歌があります。
誰か?と言って上げていくとキリがないので、ここでは書きませんが、たった一音でも「おっ?」と思わせるものがいっぱいあります。
それはその人の天性のものであったり、訓練したものであったり。そうじゃないものっていずれは廃れるんだなとも感じます。

さて、今年は何をやろうか?なんて考えている暇もなく、すでに色んな予定が詰まっているので、目の前にあるものをよりよくしていく心意気です。

とりあえず3/27(Fri)延期になりました 3/17記)は汐留ベヒシュタインサロンで、久しぶりに東ゆかりさんとのコンサートで演奏します。
これがまた難曲が多いので、必死に練習したり、ピアノ用のアレンジを考えたりしています。
フルートのみならずサックスも新境地に達していますので、御用とお急ぎでない方は是非お越しください。

では、皆様方今後ともよろしくお願いします。

2019年12月29日 (日)

2019終了

あと数日で2019年も終了します。
本年も皆様方にはお世話になりました。

私にとっては今年はある意味激動な年でした。
まず子どもの受験のため、去年の末ぐらいから今年の3月までは、いろんな意味で我慢をしないといけませんでした。
また進学したらしたで、学費の捻出に頭を悩ませ、再び我慢の生活。
もはや子どもに学ばせる気がないのではないかと思うぐらい、本当に日本の学費は高くて嫌になります。

一方で、家でこっそり作っていた笙のシミュレーションアプリ「笙Time」をApple Storeに登録できたのは、大きな成果でした。
今年の頭には影も形もなかったものが、目の前に製品となって現れるというのは、技術者冥利に尽きますね。
元々、笙に興味があったものの、練習には時間がかかるし難易度も高いので断念し、アプリとして作れば楽器としても使えるという理由で作り始めました。まぁ色んな問題があったものの解決し、唯一無二のアプリになったと思います。
先日のPecomboライブでは私がSaxでメロ、りえちゃんとハッチャンに笙Timeを演奏してもらって(ベースにコーヤくんと鈴にペコちゃん)、越天楽を演奏しました。自分的にはかなりの達成感はありました。
そんな笙アプリを使って、すでに曲を考えていますので、来年はもっと面白いことができればなぁと思います。

ちなみに私のホームページ(http://outtolunch.music.coocan.jp/ )のトップページにある「フリー川柳」を作り直しました。
と言うのは、前のバージョンはFlashで作られたもので、ほとんどの人がブラウザ上で見られないようになっていたからです。
まぁだいぶ前からわかっていたのですが、ついにJavascript+HTML5を使って、リニューアルしました。
今度は月ごとに挿絵が変わるようにしています。
前のバージョンと同じく文言は再読み込みで変わりますので遊んでみてください。

こんな感じで今年も生きることができて、多分また新しい年が迎えられることを感謝します。

では皆さんよいお年をお迎えください!

2019年1月 1日 (火)

2019

とうとう新しい年になりました。
ちゃんと年が越せるのはありがたいことだと、この歳になると感じます。

昨年も身内が何人か鬼籍に入ったため、喪中の普段と大して変わらない正月を過ごしています。

さて今年は、個人的には正直なところ、人生の目標はほとんどやり遂げてきたので、特に目立った目標はありません。
ある意味やってみて失敗したことの方が多いため、自分は特に名声も地位もないのですが、それはそれで自分なりの達成感はあります。

ただこれからの人生の目標としては、自分が育てる側の立場として、若手が育成していけばいいかなと思っています。もしくはおっさんとして若手に影響を与えられ続ければと思います。

ですので無理のない程度で、引き続き音楽活動と、エンジニア活動をやって行きたいと思っています。

それでは、皆様が幸せな一年でありますことを祈願いたします

2018年12月 3日 (月)

御無沙汰です

歳の所為だかなんだか、ここのところのブログを書く気力がなくなってました。

まぁ一応、音楽は作っていて随時更新しているので、御興味のある方はこちらのサイトを参照して下さい。

Reverbnation: https://www.reverbnation.com/gyroscale

SoundCloud: https://soundcloud.com/tomohisa-himeno

2018年1月 7日 (日)

2018

前回のタイトルが『2017』で今回が『2018』と安易なタイトルで申し訳ありません

さて今年も無事に開けたということで、自分は本当にこれまで、よく生きてこれたなぁと思います。

なぜそう思うかというと、実は自分にとって師匠と言える人はそんなにいなくて、現在お金をもらって商売している、ジャズにしろプログラミングにしろ、誰かにお金を払って習いに行った経験がありません。数時間の講習会には何回か行ったことはありますけどね。

なのでよく考えたらほとんどが独学に近い状態だなぁと、この歳になって今更気付きました。

ジャズの場合だと、小さい頃にクラシックのフルートを習ってからは、リットーミュージックのスコアを読みながら、ロックのキーボードやらベースが弾けるようになったっけな。
ロックでコードの基本は覚えたので、ジャズで多少複雑になったぶんはついていけました。
そしていろんなアドリブを耳コピーしたりいろんなスコアやジャズ理論本を読みあさってました。あとはいろんなところでセッションに参加しました。でも、別に誰かに教えてもらったわけでもないし、教えてくれるわけでもありません。しかもフルートのジャズなんてやっている人があまりいなかったので、師匠を探す方が難しいでしょうね。そんなこんなやっているうちに、人様にお聞かせする身分になりました。

プログラムの方は、アルバイトでC言語のプログラミングを始めた時は、本に書いてあるソースのコピーから始まって、試行錯誤で覚えていったような。。。
就職して1年後には、CとC++言語を後輩に教えていて、そのあとは現場でユーザのニーズにお応えして製品を作ってきたので、本当に師匠がいません。

どちらもいわゆる現場での叩き上げです。

最近ではドラマとかでもジャズフルートが流れるようになり、ソフトウェアエンジニアも当たり前の職業になりましたが、いずれも当時は黎明期だったからしょうがないのでしょうね。

正直、師匠がいる人は羨ましいです。何しろ相談できる人がいるということですからね。
逆に自分の場合は、周りの人と探りながらやってきたので、誰よりも身についているという自負があります。

まぁそんな人生を送っている人もいるということで。今年もよろしくお願いします

2017年12月24日 (日)

2017

2017年もあと7日となってしまいました。

とうとう今年はセッションに参加することは何回かありましたが、一回もライブに出演することはありませんでした。夏に録音したパナソニックビューティのCMは最近も流れていますが。

自分名義のライブとなるとかなりの準備が必要なので、去年やった身としては今年もやるのは難しかったです。ただ、それよりも自分も表に出るのではなく、次の世代への橋渡しの道筋が見えてきたのが今年であり、意味がありました。

システム製作業務もこの年齢ではありながら、最新の環境で時代の最先端のプロジェクトに携わることができ、来年にも繋がる実のある仕事ができました。

今年一番良かったのは、久しぶりに夏に帰省できたことです。
社会人になってからは、ほとんど盆と正月には帰ってなかったのですが、ちょうどタイミングよく休みをとることができ、おかげでお盆休みが重なった多くの友達と会うことができました。
人生も50年を越えるといろんな経験を経て成長するんだなぁとあらためて感じること多々。
自分にこんなに友達がいることが幸せだと思いました。

今年もいろんなところで皆様にお世話になりました。ありがとうございました。
来年も地味にブログを更新して行く予定ですが、今後ともよろしくお願いします。
できれば自分名義のライブもやりたいところですが、どうなることやら。

それでは良いお年を!

2017年1月 2日 (月)

2017年正月

50歳で年を越すことができて感慨深いものがあります。

昨年は大好きなミュージシャンや知識人がたくさん亡くなり、自分と一緒に演奏した人も何人か亡くなり、自分がそのような歳であることを実感します。
この歳まで生きてこれたことを不思議に思います。
これが日本でなければまた状況は違うだろうし、時代が違えば違うだろうし、環境によって大きく変わっていたことは確かでしょう。

ここ数年は、中国の古書である老子や荘子を読んでいます。
世の中で成功している人は果たして成功であるのか?
プラス思考は果たして人生で有効であるのか?
そういった疑問もわいてくるような素敵な書物です。

さて今年は何をやるか?
まずこのブログで書いている音楽と数学をさらに突き詰めていって、何らかの音楽システムを構築していきたいと思います。
そして裏で進めている曲作りプロジェクト。実はもう何十年もオリジナルの作品を作って、オーディションとかにもたまに出していて、なかなかウケるものなどを作れなかったところ、今はいろんな海外の曲紹介サイトがあって、誰の音楽でも自由に視聴できるような環境になったおかげで、自分の曲を聞いてくれる人も多少は存在するということがわかってきました。
何千、何万という人が聞いてくれるとは思いませんが、わかる人にだけわかってもらえれば十分というのが、先の書物を読んで感じたことでした。

いろんな障害が目の前にあってそう簡単にいかないのは承知の上で、昨年よりも今年はできる時間がありそうですので、興味のある方はたまにこのブログでも覗いてみてください

2016年10月16日 (日)

さて一息

先週のAfrontierイベントにお越しのみなさまありがとうございました。

後半はほとんどお客さんとしてみていましたが、すばらしいイベントでした。
すでに14年目ということで、参加しているDJもその場の雰囲気に合わせて、うならせる選曲。
今回の演奏者たちも強者どもで、私なんぞが演奏しなくても十分にお客さんは満足できたのではないでしょうか?
このイベントをもって、今のところ私が出るイベントはないので、一息ついたところです
先月は私のリーダーバンドライブを久しぶりに行い、こちらの方の評判もよかったようです。ただ演奏よりは喋りの方が面白かったということで、PTA会長をやってよかったなぁと思いました
演奏の中で特に評判がよかったのが、自作のリズムボックスアプリKepler round beat boxのサンバモードを使ったショーロの演奏でした。
よく考えるとリズムボックスを使ってショーロを演奏するようなバンドは見たことがないですね。
もちろん自作のリズムボックスでやる人となると、前代未聞世界初になることはまちがいなく、あの演奏が観られた方は本当に運がよい
ポップスやクラブ系の音楽のライブでは、マニピュレーターさんが裏で必要な分のカラオケを足しているので、実はこういうのは当たり前なのですが、アコースティックなショーロで、しかも外音(外に出ている音)で合わせるというのは、なかなかハードルが高かったのですが、ギターの大西さんが頑張ってくれました。
次はこの辺を切り口に何かできたらなぁと考えています。
さらにJazztronikこと野崎君の進めているプロジェクトも着々と前進しています。色々やっておりますので乞うご期待!

2016年1月 4日 (月)

2016

皆様あけましておめでとうございます。

とうとう今年は結構な歳になってしまうので、人生ももう半分はとっくに過ぎてしまい、今更プロ野球の選手や、サッカーの選手になろうとは思いません(当たり前)。
そんな年頃ですので、とりあえず今年の目標は、iPhone/iPadのアプリをもう少し売れるようにしたいところです。
去年発売したものの、世の中毎日何100という新規のアプリが登録されていて、その中で目立つには並々ならぬ宣伝をしないと難しいことがわかりました。

ということで早速、YouTubeにすでに販売中のアプリである「一弦さん」と「GalileoTuner」を使っているところを投稿してみました。
そしてもうすぐ、もう一つの作成中アプリを登録する予定です。

この3つを使うと音楽の練習で色々なことに使えます。
まず一弦さんは、平均律での音程が欲しい時の音叉代わり。
GalileoTunerでチューナーとして、ロングトーンの時の12音の音程を確認。
そして今度登録するアプリは、メトロノームとして練習に使える他に、16beatや8beatでの練習。

実際自分も、チューナーやメトロノームは市販のものは使わずに、これらのアプリを使っています。
ぜひ皆さんも使ってみてください。

あ、あとちなみにこのブログも毎週書いていましたが、大して新しい記事へのアクセスがあるわけでもなく、だんだん辛くなってきたので、思いついた時に書くという方針に戻そうと思います。
そしてあまりアクセスのない記事は消して人生をスッキリさせたいと思います。
悪しからず

2015年12月26日 (土)

さらば2015

音楽と数学のネタを書きたいところなのですが、何せ忙しすぎて困っています。

世の中今日から海外旅行で9連休という方もいるようですが、私はまだまだ詰まってます。ゴールデンウィークより休みが少ないです

まぁ嘆いても仕方ないので、来年に向けての抱負でも語りますか。
さすがにもうそろそろ来年のことを言っても鬼は笑わないでしょう。

今年はApple Storeに目標であったアプリが登録できたので、来年は少しビジネスに近付けるように考えていこうと思います。
また音楽では曲作りできる時間を作って、もっと練習もしたいなぁと思っています。

今年お世話になった方々、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
それではよいお年を!
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ