日記・コラム・つぶやき

2017年1月 2日 (月)

2017年正月

50歳で年を越すことができて感慨深いものがあります。

昨年は大好きなミュージシャンや知識人がたくさん亡くなり、自分と一緒に演奏した人も何人か亡くなり、自分がそのような歳であることを実感します。
この歳まで生きてこれたことを不思議に思います。
これが日本でなければまた状況は違うだろうし、時代が違えば違うだろうし、環境によって大きく変わっていたことは確かでしょう。

ここ数年は、中国の古書である老子や荘子を読んでいます。
世の中で成功している人は果たして成功であるのか?
プラス思考は果たして人生で有効であるのか?
そういった疑問もわいてくるような素敵な書物です。

さて今年は何をやるか?
まずこのブログで書いている音楽と数学をさらに突き詰めていって、何らかの音楽システムを構築していきたいと思います。
そして裏で進めている曲作りプロジェクト。実はもう何十年もオリジナルの作品を作って、オーディションとかにもたまに出していて、なかなかウケるものなどを作れなかったところ、今はいろんな海外の曲紹介サイトがあって、誰の音楽でも自由に視聴できるような環境になったおかげで、自分の曲を聞いてくれる人も多少は存在するということがわかってきました。
何千、何万という人が聞いてくれるとは思いませんが、わかる人にだけわかってもらえれば十分というのが、先の書物を読んで感じたことでした。

いろんな障害が目の前にあってそう簡単にいかないのは承知の上で、昨年よりも今年はできる時間がありそうですので、興味のある方はたまにこのブログでも覗いてみてくださいhappy01

2016年10月16日 (日)

さて一息

先週のAfrontierイベントにお越しのみなさまありがとうございました。

後半はほとんどお客さんとしてみていましたが、すばらしいイベントでした。
すでに14年目ということで、参加しているDJもその場の雰囲気に合わせて、うならせる選曲。
今回の演奏者たちも強者どもで、私なんぞが演奏しなくても十分にお客さんは満足できたのではないでしょうか?
このイベントをもって、今のところ私が出るイベントはないので、一息ついたところですjapanesetea
先月は私のリーダーバンドライブを久しぶりに行い、こちらの方の評判もよかったようです。ただ演奏よりは喋りの方が面白かったということで、PTA会長をやってよかったなぁと思いましたcoldsweats01
演奏の中で特に評判がよかったのが、自作のリズムボックスアプリKepler round beat boxのサンバモードを使ったショーロの演奏でした。
よく考えるとリズムボックスを使ってショーロを演奏するようなバンドは見たことがないですね。
もちろん自作のリズムボックスでやる人となると、前代未聞世界初になることはまちがいなく、あの演奏が観られた方は本当に運がよいshine
ポップスやクラブ系の音楽のライブでは、マニピュレーターさんが裏で必要な分のカラオケを足しているので、実はこういうのは当たり前なのですが、アコースティックなショーロで、しかも外音(外に出ている音)で合わせるというのは、なかなかハードルが高かったのですが、ギターの大西さんが頑張ってくれました。
次はこの辺を切り口に何かできたらなぁと考えています。
さらにJazztronikこと野崎君の進めているプロジェクトも着々と前進しています。色々やっておりますので乞うご期待!

2016年4月23日 (土)

よく遊びよく学んだり学ばなかったり

先週はお父さんの会プレゼント、「昔遊びイベント」というのを小学校でやりました。

娘はすでに小学校は卒業してOBとして参加しましたので、もはやPTAの会長でもお父さんの会の代表でもない立場で、イベントのお手伝いをしたのは久しぶりです。

私の担当は、けん玉・メンコ・コマでした。私はこの辺は子供の頃からやっていてかなりの得意分野で、最後は真剣に子供たちと遊べて本当に楽しかったです。
子供と遊ぶのはやはり楽しいものですね。大人と遊ぶよりは健全ですし(笑)
まぁ大人でも釣り仲間となると子供時代に帰る感じのような気もしますけど、大人になると余計な知識ばかりついて、遊ぶこと自体を楽しまなくなっているのかな?とも感じます。

さてそんな感じで来週4/27(Wed)は、Laranjaライブ@Motion Blue Yokohamaです。
これも改めて考えてみると私にとって音楽は遊びなんですよね。音遊びです。更に言うと人生も遊びだったりします(笑)
とはいえそんな遊びのためにいろいろ訓練をしています。そしてお互いが楽しめるために、いろんな苦痛も生じるということは、スポーツやなんでもそういう経験がある人であればご存知だと思います。
レベルが上がるごとに、また次の課題が出てきて、それを乗り越えて更に上のレベルに行くという、素晴らしい楽しさ。
遊びとはいえ、課題を超えられない時点では苦痛極まります。そして仲間にも苦痛を与えたり与えられたり、なかなかうまくいかなくてやめてしまうことも多々あります。

と、そういうことを言い出すときりがないので、ライブの話に戻しますが、ご予約の方がそろそろ満席になりそうですので、お早めにお願いします。そして私もこんな身ですので、次のライブはいつあるかわかりませんので、一期一会と思って是非お越しください!(もちろん失敗することもありますが、それも一興ということでcoldsweats01
私はいつも、この演奏が最後という気持ちで演奏していますので、きっと暑苦しい演奏になるとは思いますが(笑)、前もってご容赦くださいheart01

2016年3月 6日 (日)

そういえば

忘れていましたが、私は二級ファイナンシャルプランナーです。

なので金融資産管理、保険、相続あたりの勉強をしました。

たまに飲み会で、株で損したとか、確定申告すべきかとかいう話が出てきます。
株で損した場合は、確定申告で損した分を申告しておけば、翌年以降3年で損した分の譲渡益が出ても税金が控除されます。

あと共働きでそれぞれで年末調整をやっている場合はよいのですが、ざっくり言って別の収入が20万円以上の場合は確定申告しないといけません。
株での収入は、特定口座ではない場合は、譲渡税を払ってないので確定申告が必要です。
NISA口座であれば、規定の金額内での売買であれば非課税なので、うまく使えばお得です。ただし売買して5年が限度なので、それを過ぎた場合は税金を払うことになります。詳しいことは各証券会社のHPに書いてます。

しかし今やファイナンシャルプランナーなんて山のようにいるから、大してありがたがられないですね。
結局金融関係の情報から、自分の身を守る盾として利用するのがほとんどのプランナーなのではないでしょうか?何しろ毎年何万人も合格しているわけだし、金融系の会社であれば取得しないと昇進しなかったりするので、業務上でとっている人も多いでしょう。
それに比べて私のように、IT業やミュージシャンをやっててファイナンシャルプランナーだと、ITシステムでも作ればまだ役に立つでしょうが、飲み会のネタにしかなってないというザマ。

むしろWeb上での株の取引講義でもやったほうが良いのかな?

2016年2月 6日 (土)

はて?

友人のメールで、「ITと音楽をやっているけど本音はミュージシャン?」と書かれてて、はたと気づきました。


システムエンジニアとしては、私なんかよりもできる人はいっぱいいるし、同じ仕事ができる人もいるので、いくらでも代わりの人材はいるのですが、フルート奏者として私の代わりができる人はいないと言えます。
これは自惚れではなく、たぶん周りのミュージシャンもそう言うと思います。
小学校5年から始めて、いわゆるマルコムグラッドウェルさんの「ー万時間の法則」はゆうに超えて、三万時間ぐらいはフルート吹いているので、今や思った通りに音が出せるようになってます。
まぁそれが芸術というものなのでしょうけど、残念ながらフルート一本でご飯を食べていけるほど甘くありません。

そして世の中、フルートばかり聴きたい人だけなら、食べていけるかもしれませんがそんなわけもなく、ジャズの場合は大体フルートは脇役で、大体メインはベース・ドラム・ピアノのトリオでみんな満足してしまうと思います。
そんなわけでサックスも一万時間以上は練習しているものの、そもそもライブの予算が限られてくると、真っ先に切られるのは管楽器なので、もはや手の打ちようがありません。しかもサックスに限っては私より上手い人なんて山のようにいるし。

そこで私自身、管楽器以外にもいろんな楽器に手を伸ばしていて、最近はボサノバギターの弾き語りを練習しています。でも、そうなるとせっかくの得意であるフルートが吹けないというジレンマに陥ってしまい、なすすべなし。

人生なかなかうまいこといかんもんですthink

2016年1月 4日 (月)

2016

皆様あけましておめでとうございます。

とうとう今年は結構な歳になってしまうので、人生ももう半分はとっくに過ぎてしまい、今更プロ野球の選手や、サッカーの選手になろうとは思いません(当たり前)。
そんな年頃ですので、とりあえず今年の目標は、iPhone/iPadのアプリをもう少し売れるようにしたいところです。
去年発売したものの、世の中毎日何100という新規のアプリが登録されていて、その中で目立つには並々ならぬ宣伝をしないと難しいことがわかりました。

ということで早速、YouTubeにすでに販売中のアプリである「一弦さん」と「GalileoTuner」を使っているところを投稿してみました。
そしてもうすぐ、もう一つの作成中アプリを登録する予定です。

この3つを使うと音楽の練習で色々なことに使えます。
まず一弦さんは、平均律での音程が欲しい時の音叉代わり。
GalileoTunerでチューナーとして、ロングトーンの時の12音の音程を確認。
そして今度登録するアプリは、メトロノームとして練習に使える他に、16beatや8beatでの練習。

実際自分も、チューナーやメトロノームは市販のものは使わずに、これらのアプリを使っています。
ぜひ皆さんも使ってみてください。

あ、あとちなみにこのブログも毎週書いていましたが、大して新しい記事へのアクセスがあるわけでもなく、だんだん辛くなってきたので、思いついた時に書くという方針に戻そうと思います。
そしてあまりアクセスのない記事は消して人生をスッキリさせたいと思います。
悪しからずdash

2015年12月26日 (土)

さらば2015

音楽と数学のネタを書きたいところなのですが、何せ忙しすぎて困っています。

世の中今日から海外旅行で9連休という方もいるようですが、私はまだまだ詰まってます。ゴールデンウィークより休みが少ないですcrying

まぁ嘆いても仕方ないので、来年に向けての抱負でも語りますか。
さすがにもうそろそろ来年のことを言っても鬼は笑わないでしょう。

今年はApple Storeに目標であったアプリが登録できたので、来年は少しビジネスに近付けるように考えていこうと思います。
また音楽では曲作りできる時間を作って、もっと練習もしたいなぁと思っています。

今年お世話になった方々、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。sun
それではよいお年を!

2015年12月13日 (日)

しゃべり

人には得意不得意があると思いますが、私は特にしゃべりが不得意です。
なのに先週は祝辞を言うという羽目になり、PTA会長の時にやった様に、まずは原稿作りから開始して、毎日通勤の行き帰りで練習して本番に臨みました。
まぁおかげで間違えることはなかったですが、やはり難しいですね。

それに比べて記念行事で小学生代表をやった子は、言葉がつまずくこともなくスラスラとスピーチ。しかも私の内容よりも長いcoldsweats02
やはり、こういうものは小さい頃に差がすでにあるのだろうなぁと思いました。

まぁ逆に私の得意分野はモノづくりなので、小学校の頃から大人顔負けの絵を描いていたことを覚えています。
だからコミュニケーション能力よりは、閉じこもって何かを作るというのが向いています。
そうするとここまで人前に出ておいて今更なのですが、人前でライブをするというのは非常に苦手な分野の一つになります。

そんな苦手な分野が来週にあります(笑)

12/20(Sun) 18:00〜21:30@Weekend Garage Tokyo
http://weekendgaragetokyo.jp/
予約 4000円、当日 5000円
なんと1Drink+ビュッフェ形式のfood付きでリーズナブル!

ブラジル系フュージョンでがんがんフルート吹きます。
みなさんお越しください。

2015年11月29日 (日)

あと1ヶ月!

今年も残り1ヶ月となりました。

PTA会長をやっていた頃は一年が長いなぁと感じていたものの、やめてからは短く感じています。
毎日同じような仕事をやっていると1年は短く感じるものですね。
さて残り1ヶ月にやることは、小学校の記念式典とLaranjaライブと残務をやるのみとなりました。
あ、前にちょこっと書いたアプリリリース準備もしているのですが、実はトラブルがあって今年中にリリースできればいいなぁと思います。
こんな感じで、今年は意図しないトラブルが本当にいっぱいありました。
ただその分、今年もいろいろものを作りました。
作ったもののお蔵入りしそうなものもありますが、何個かは皆さんの目または耳に触れる可能性があります。
ものづくりをするときは結構ストイックなので、本当に今年は辛い年でした。
来年はそのストイック部分を他の人に回して(笑)、もう少し仕事量を減らしたいですね。
それにしても世の中「一億総活躍」とか言ってますが、すでに活躍している人はなんかしなきゃいけないのかな?japanesetea

2015年9月26日 (土)

自由人

昔、誰かから自由人と言われたことがあります。

確かに大企業には所属していないし、ソフトエンジニアやったり、ミュージシャンをやったり、PTA活動したり、釣りをしたり、近所を散歩したり。

まぁそんなことはどうでもよくて。仮に自分を自由人としたばあい、何が必要かと考えてみると、まずそれぞれの専門知識が必要であることは確かです。散歩に専門知識は要らないでしょうがchick

そして、おかげさまでソフトウェアの開発も起業してから15年経ちますが、お客さんが途切れたことはありません。
なぜ途切れないかというと、簡単なことで時間にルーズにならないことです。
もちろん休むときは前もって休むことを伝え、急に休むことなどは以ての外で、会社にいけなくなるような、よほどの病気以外で休んだことはありません。
そしてミュージシャンも続いていますが、こちらも時間にルーズにならないことです。
なぜならレコーディングやリハーサルはスタジオを借りて行うことであり、遅れていくことは無駄なお金が必要だし、録音が手間取って遅れた場合は、また追加のお金が必要になります。

つまり、以上から自由人であるには、専門知識と時間にルーズにならないということが、導き出せたのですが、こう書いてみると全然、自由人には見えませんねcoldsweats01

むしろ時間に縛られていて、その合間に専門知識を勉強するという、束縛されまくりな感じです。

私には上長というものは存在しませんし、組織のルールも存在しません。
その代わり、ある組織に入った場合はその組織のルールに従い、そこでの管理者に従います。そこの組織の仕事が終われば、そのルールも解除されます。

これが楽しいと言わずして、何が楽しいのであろう?(笑)
要約すると、自分のいる仕事、とくに組織のあり方に疑問を持っている人は、まず知識をつけて理論武装するというのが先決で、そうすれば有難い人間として扱われるでしょうね。
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ