« 音楽と数学(グラフ理論) その1 | トップページ | 次のライブ! »

2018年5月28日 (月)

忙しい人のフルートの練習方法

先週のライブに来てくださった方、ありがとうございました。
良いメンバーに加え、お客さんもノリがよく、非常に盛り上がったライブとなりました。
今回来られなかった方は、次はいつになるかわかりませんがcoldsweats01、是非次回はお越しください。

さて、ライブの一方で私はフルートのレッスンもしています。

レッスンでは、音の出し方やスケールを中心に、生徒さんのやりたい曲をテーマに行っています。

ただやはり、たいていの人は練習する時間がない!といいます。

そうなんです。楽器を持って家で練習するというのは、今時の住宅環境では早朝や深夜に練習することは困難でしょう。

もちろん私も同じような環境で生活しています。なので音楽の練習も、いろんなところでできるようにしないといけません。

まずはフルートの日々の練習にも書いた、毎朝15分~30分スケール練習です。毎日やるところがポイントです。15分でなくても5分でもいいので毎日やっていると、休んだときの不安感が半端ないです。夜で近所に迷惑のかからない時間でも大丈夫です。

そして管楽器の場合は楽器を持たなくても、息遣いの練習はどこでもできます。例えば電車に乗って、駅と駅の間で息を止めたり、息をはき続けたり。苦しくて顔が真っ赤になるとちょっと恥かしいですが。
いわゆる腹式呼吸というもので、息をはくときは横隔膜を意識して、息を吸うときは一瞬で思いっきり横隔膜を下げるようにしてお腹が膨らむぐらい。はくときは少しずつ横隔膜を上げていくように、ぎりぎりまでゆっくり息を出します。
横隔膜自体は筋肉ではないので、実際には横隔膜の上下はお腹の筋肉を緩めたり締めたりすることで行います。
余談ですが、吸うときは鼻でやったほうがいいので、毎日の鼻うがいをお勧めしますpig

息遣いができるようになれば、歩きながらタンギングの練習です。歩くテンポに合わせて、4分音符、8分音符、3連符、16分音符などをトゥクトゥクやります。
自分の歩くテンポでタンギングができるようになると、ステージでリズムをとる場合に、自然と足も動いて踊っているように見え、見栄えもかっこよく見えます。
まぁ、はたから見ると怪しい人に見えるかもしれませんが、これも修行だと思って諦めて下さい。

以上を私は散歩しながらやっていることが多いです。あとはイメージトレーニングで指を動かす。この辺は難しいスケールだと、ある程度身にしみこんでないとできませんが、電車での移動時とかにもこっそり指を動かすことはできます。

ではみなさんの健闘を祈りますsun

« 音楽と数学(グラフ理論) その1 | トップページ | 次のライブ! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131370/66768391

この記事へのトラックバック一覧です: 忙しい人のフルートの練習方法:

« 音楽と数学(グラフ理論) その1 | トップページ | 次のライブ! »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ