« ライブやります! | トップページ | 目指す音楽 »

2018年2月17日 (土)

英語力

受験シーズン真っ盛りですね。受験生の皆様いかがお過ごしでしょうか?
まぁこのBlogを読む受験生は少ないでしょうが、これからの世の中で生きていくのには英語力は必須ですよ。

実は私は昔から五教科のうち英語の成績だけはよくなかったです。
そしてそれは結局大学卒業まで続きました。

というより日本の英語教育期間中に英語圏の人と会話するなんて皆無だし、米国にも英国でも生活したことのない先生に英語を習っていたわけだから、これで英語の成績がいい人って一体どういう人なんだ!と尊敬しました。実は実践には使えない受験英語という特殊な世界だったんですけどね。

さて大学に入ってみると、クラスには帰国子女という人たちがいっぱいいて、普通に英語をしゃべる人たちに囲まれて、ますます幼少時の教育環境の疎外感を感じました。(英語圏で生活した人たちより英語ができるわけないよなぁ)

しかしながら就職時には英語力を向上すべく、望んで部長がドイツ人の部署に入りました。その部長は私が入って半年でやめましたが(笑)
部長がやめる時にHome Partyで飲んだドイツワインのホットサングリアは美味しかったなぁ。ワインを暖かくして呑むというのはなかなか衝撃的でした!ってどうでもいい話ですね。

当時、部署のミーティングはもちろん英語。しかも部署の一人は米国人。半分ぐらい何を言っているのかわかりませんでしたが、当時から技術文書は英文ばかり読んでいたので、読むことはできるようになりました。

そのうち米国や英国支社のメンバーと開発をすることになって、メールも英語で書かないといけなくなりました。

今もソフトウェアの仕事をやっていて、最新技術文書に日本語がほとんどないため、仕事では英語が必須ではありますが、いまだに会話だけは苦手です。
というより日本語での会話も苦手です。電話応対なんていまだに鳥肌が立ちます(笑)。いわゆるコミュ障です。大学の入試科目に電話応対がなくて本当によかったですcoldsweats01

でも気にしなくてもいいと思います。ちゃんと米国や英国にもコミュ障な人はいますので。人間だもの(笑)

英語に限らず、できない分野があっても、長い年月をかけて自分しかできない、もしくは少数人数しかできない得意分野を鍛えた方が、世の中で重宝されるはずです。

・・・が、このことを安易に受験生が信じてしまうと、行きたい学校には合格しないので、ある教科ができないとしても、できない度合いを低くする努力をした方が身のためだと思います。

« ライブやります! | トップページ | 目指す音楽 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131370/66403277

この記事へのトラックバック一覧です: 英語力:

« ライブやります! | トップページ | 目指す音楽 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ