« 2017 | トップページ | ライブやります! »

2018年1月 7日 (日)

2018

前回のタイトルが『2017』で今回が『2018』と安易なタイトルで申し訳ありませんcoldsweats01

さて今年も無事に開けたということで、自分は本当にこれまで、よく生きてこれたなぁと思います。

なぜそう思うかというと、実は自分にとって師匠と言える人はそんなにいなくて、現在お金をもらって商売している、ジャズにしろプログラミングにしろ、誰かにお金を払って習いに行った経験がありません。数時間の講習会には何回か行ったことはありますけどね。

なのでよく考えたらほとんどが独学に近い状態だなぁと、この歳になって今更気付きました。

ジャズの場合だと、小さい頃にクラシックのフルートを習ってからは、リットーミュージックのスコアを読みながら、ロックのキーボードやらベースが弾けるようになったっけな。
ロックでコードの基本は覚えたので、ジャズで多少複雑になったぶんはついていけました。
そしていろんなアドリブを耳コピーしたりいろんなスコアやジャズ理論本を読みあさってました。あとはいろんなところでセッションに参加しました。でも、別に誰かに教えてもらったわけでもないし、教えてくれるわけでもありません。しかもフルートのジャズなんてやっている人があまりいなかったので、師匠を探す方が難しいでしょうね。そんなこんなやっているうちに、人様にお聞かせする身分になりました。

プログラムの方は、アルバイトでC言語のプログラミングを始めた時は、本に書いてあるソースのコピーから始まって、試行錯誤で覚えていったような。。。
就職して1年後には、CとC++言語を後輩に教えていて、そのあとは現場でユーザのニーズにお応えして製品を作ってきたので、本当に師匠がいません。

どちらもいわゆる現場での叩き上げです。

最近ではドラマとかでもジャズフルートが流れるようになり、ソフトウェアエンジニアも当たり前の職業になりましたが、いずれも当時は黎明期だったからしょうがないのでしょうね。

正直、師匠がいる人は羨ましいです。何しろ相談できる人がいるということですからね。
逆に自分の場合は、周りの人と探りながらやってきたので、誰よりも身についているという自負があります。

まぁそんな人生を送っている人もいるということで。今年もよろしくお願いしますfuji

« 2017 | トップページ | ライブやります! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131370/66252918

この記事へのトラックバック一覧です: 2018:

« 2017 | トップページ | ライブやります! »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ