« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年5月27日 (土)

音楽と数学(確率) その2

しばらく行列について書いてきたのですが、行列だけでもかなり奥深く行ってしまいそうで、すでについていけなくなった人は、前の記事しか読まない気がするので、しばらく別方向へ。

それで複素数にしようか確率にしようか悩みましたが、以前確率について書いていて(こちら)、アドリブと確率については後日と書いていたので、そちらの方を書きたいと思います。

アドリブというのは、ある曲のテーマのコード進行の上で即興演奏を行います。
ただし大抵の場合は、最初の1コーラス目と最後の1コーラスはテーマのメロディをそのままやったりフェイク(ちょっとメロディを崩した感じ)で演奏します。
その前後にイントロとアウトロを入れるのが普通ですね。

さてどこに確率が入ってくるかというと、ジャズではその場で即興演奏しないといけないということは、あるコード進行上で自分でフレーズを考えないといけません。
でも毎回同じフレーズだと、聴く方も「またか!」と思ったり、すでに誰かがやったフレーズだと「コピーじゃないの!」とか、わかる人にはバレてしまうので、やはりその場で雰囲気にしたがってやらないといけません。

「音楽療法入門」芸術現代社 では、「音楽は時間的に秩序づけられた行動を求める」とあります。つまり音楽には時間的に前後が存在し、その前後の繋がりに理由があることを認識するということです。
演奏する立場としても、直前と全く違うことをすれば、そこで繋がりは分断され、聴く側としては違う曲になったと感じるということです。

受動的な音楽療法で、分断された音楽を聴かされると不快になるし、能動的な音楽療法で分断された演奏をする人であれば、その人は精神分裂症か、何かの普通ではない人ということになります。そういう演奏もないわけではないですが、その曲に精神的な繋がりすらない場合は、単なる音の羅列であってあまり意味がないものだと思います。

前置きが長くなりました。この時間的な秩序がアドリブにも必要で、アドリブを構成する際には重要になります。
この時に聴く側の予想するフレーズと演奏側のフレーズが一致するのであれば、標準偏差は0ということになります。
ここでの標準偏差とは、『予想するフレーズが発生する確率』であって予想フレーズに近いほど、確率分散(予想と結果の誤差の度合い)が小さくなり、その結果として標準偏差(誤差の度合いを集めたものから、その誤差が突拍子も無いものであるか、一般的なことかを表す値)が0になるということです。この値が0に近づくほど、予想通りに事象が起こったと言えます。

そうなると、レコードやCDや電子媒体他、記録された音楽は毎回同じで、何十回何百回何千回も聴くと標準偏差は限りなく0に近づくはずです。
人間の脳の記憶と全く一致してしまったり、どこにでもある曲と同じで予想通りであれば標準偏差はほぼ0と言ってよいでしょう。
ただ音楽全体においてはフレーズだけではなく、コード進行、コード構成、サウンドなどもっと複雑な要素が絡むため、なかなか飽きない音楽というのが存在します。

人によって差がありますが、この標準偏差が0に近づくと、その曲に飽きたり、つまらない曲になってしまいます。自分の場合はこの標準偏差の閾値が他の人より大きめなので、もはや大抵の曲に飽きてしまってます(笑)
どこにでもある曲ということを認識するのは、耳が肥えた状態であって、多くの曲を聴いていないと経験できないものです。
若い人中心に人気のあるポピュラー音楽の中で、年配の方にはなんでこんな曲が売れるの?と思うこともあります。これは若い人には新しいサウンドであっても、年配の人には似たような記憶があるためにこのように思うわけです。
その代わり自分が若い頃に聴いたポピュラーが良かったなぁ。と思うのですが、もう一回改めて何度も繰り返し聴いてみたら意外とつまんなかったりしますよ。

となると耳が肥えた人が聴くべき音楽は即興演奏以外ありえません。何しろ毎回違うわけですから。
ところがそんな即興演奏の世界なのに、意外と毎回同じことばかりやっている人の多いこと。
おっと!こんなことを書くから演奏者のお友達がいなくなっていくcoldsweats02

さて、今回は説明ばかりになりましたが、次回はアドリブを数学で解析する予定ですcoldsweats01

2017年5月 8日 (月)

フルートと体調 その2

前回フルートの音のかすれに関して書きました。→こちら

今回は実際の体験に基づいたことについて書きたいと思います。

私も時には高音がスムーズに出ない状況に陥ることがあります。
こんな場合に、判断基準になるのが3オクターブ目のF#音です。
フルートの構造上、元々この音は出しにくいのですが、調子が悪いと違う音が出たり、無理に出そうとするとかすれた音になります。詳細はムラマツフルートのサイトを参照ください↓
https://www.muramatsuflute.com/repair/repair_room01.html

自分が大体こうなる時は、フルートの高音を吹き続けて疲労したり、サックスと持ち替えをした後でアンブシュアがおかしくなった時です。もちろん体全体が疲労した場合には、ロングトーンすらできなくなる場合もありますが、これを直す方法はただ一つ。

休む!

しかないですsleepy

いつもは出るのに出なくなった時は、大体上記のような状態なので、練習や演奏は休んで、体調が回復するのを待つのが一番です。

あと、毎日激しい練習をすれば上手くなると思っている方。

間違い!
です。
探せばいくらでもサイトがあると思いますが、運動での筋肉のトレーニングと同じで、トレーニングと休みと栄養はどれも必要なのが常識です。

特に演奏していて、筋肉が熱くなったり、筋肉痛になった場合は、その状態で演奏し続けるのは危険です。腱鞘炎や筋や骨の炎症が生じるとしばらく練習も演奏もできなくなります。

練習は無理をせず、体に違和感を覚えたら即休むことですね。
あと調子の悪い時に練習してもろくなことはないので、気分転換したり休んだりして、次にいい音が出せるようになるまで待ちましょう。

ではまた。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ