« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月19日 (日)

学歴社会?

今日友人と呑んで、そういえば中学時代は面白かったなぁということを思い出しました。

最近は中学受験も盛んで、ドラマでもそういう題材のものがあります。
しかし、受験の最終目標は大学であったり、大企業や安定した暮らしを求めた就職先ではないでしょうか?
私の地元は大分の東の方の田舎町です。
ところが、なぜかその地域では多分世の中の皆さんが思う学歴の上位といっても問題のない大学である、東大、京大、早大に多数入学しています。(ちなみに慶大は、創始者が大分出身なのになぜかいません(笑))
さて面白いのはそういう田舎の中学の同級生の話です。
就職してから、たまに自分はオール5だったという人の話を何人からか聞いたことがあります。
ところが私の中学では、オール5の人はいませんでした。
というのも英語と国語と社会は5であっても、理科と数学は5でなかったり、5教科以外では全然取れなかったりと、どんなに頑張ってもある教科は取れないという本当に、ライバルという関係になっていて、現在その人たちは社会の第一線で仕事をしています。
当時はその地域に塾というものがほとんどなくて、前述の英語と国語と社会が5だった人を除いては塾に行ってません。つまり理科や数学は塾でやるというよりは、単純な基礎を身につけていれば応用でとれる科目です。
そんなわけで、塾に行っている人と行かない人が玉石混交なって、前述の状態となっていました。
なのに、なんでこのような状況が今の教育では起こっていないなのか?それとも起こっているのにないふりをしているのか?
学力というのは知識を蓄えるものと、単純な基礎から応用するだけの2パターンがあり、それとは別に技能が存在し、全てのことができる人を今まで見たことがないし、それが人間であると思います。
先日、求人広告で魚や肉をさばける人が、その辺の事務仕事やアルバイトよりも良い時給なのが、学歴社会と言われる今の状況を端的に表していて、それが本質のようにみえます。
そして自分が死ぬときに、大企業の下働きだけで終わるよりは、一回は独立した方が悔いがないことは「鶏口となるも牛後となるなかれ」の意味でしょう。
そのためには、たかが受験勉強の内容程度では役には立たず、意外と子どものころの遊びや体験が重要であると言うのも確かです。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ