« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月29日 (土)

音楽と数学(極座標) 

随分と空いてしまいましたが、音楽と数学です。

前回は「行列」をやりました。で、今回も「行列」の続きを書こうと思ったのですが、行列式を図にするのがけっこう大変なので、また後でやることとして、リハビリを兼ねて「極座標」と音楽の関係を書こうと思います。

平面や空間を表すのに、中学や高校でのグラフのほとんどがXYの二次元の直交座標か、XYZの三次元の直交座標系を使いますが、角度θと円や球の中心からの距離rで表す極座標系というのもあります。
これの一例としては、地球の表面上を緯度と経度と地球中心からの距離で位置を表す方法があります。

とりあえず今回は円の中心を使って、角度に相当するものを音名としてA,B,C,...,Aのいわゆる音の円環と同じものを左周りに(半音を30°として)設定します。
また円の中心からの距離をその音名の周波数(Hz)で表した場合、以下のグラフになります(1760Hzの辺りの線が歪んでいるのはご容赦くださいcoldsweats01)。
Rasen_2
さてみればわかるように「螺旋(らせん)」ですねこれ。

実は私がやっている音楽ユニットGyroscaleのGyro-は螺旋や円形を意味しており、Scaleは音楽でいう目盛り。つまり音階。ドレミファソラシドと周波数の融合でもある、この図から名づけました。
つまりGyroscaleと言う名前は、音階を極座標で表したものから2005年に命名したものです。

なんですが、その後に物理用語としてGyroscaleと言う名前が登録されていて、「The scale of  particles in a gyrokinetic plasma」という意味らしいですcoldsweats02
なんだかよくわかりません(笑)
友達に物理学の先生がいるので、今度その辺りは一体どういうことか聞いてみますfuji
しかし驚くことに、この螺旋はカタツムリなどの巻貝の構造とそっくりなんです。
自然界と数学というのはいろんなところで絡んでいて、もちろん音楽も数学と密接に関わっているということですね。
ではまた。

2016年10月16日 (日)

さて一息

先週のAfrontierイベントにお越しのみなさまありがとうございました。

後半はほとんどお客さんとしてみていましたが、すばらしいイベントでした。
すでに14年目ということで、参加しているDJもその場の雰囲気に合わせて、うならせる選曲。
今回の演奏者たちも強者どもで、私なんぞが演奏しなくても十分にお客さんは満足できたのではないでしょうか?
このイベントをもって、今のところ私が出るイベントはないので、一息ついたところですjapanesetea
先月は私のリーダーバンドライブを久しぶりに行い、こちらの方の評判もよかったようです。ただ演奏よりは喋りの方が面白かったということで、PTA会長をやってよかったなぁと思いましたcoldsweats01
演奏の中で特に評判がよかったのが、自作のリズムボックスアプリKepler round beat boxのサンバモードを使ったショーロの演奏でした。
よく考えるとリズムボックスを使ってショーロを演奏するようなバンドは見たことがないですね。
もちろん自作のリズムボックスでやる人となると、前代未聞世界初になることはまちがいなく、あの演奏が観られた方は本当に運がよいshine
ポップスやクラブ系の音楽のライブでは、マニピュレーターさんが裏で必要な分のカラオケを足しているので、実はこういうのは当たり前なのですが、アコースティックなショーロで、しかも外音(外に出ている音)で合わせるというのは、なかなかハードルが高かったのですが、ギターの大西さんが頑張ってくれました。
次はこの辺を切り口に何かできたらなぁと考えています。
さらにJazztronikこと野崎君の進めているプロジェクトも着々と前進しています。色々やっておりますので乞うご期待!

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ