« 音楽と数学(集合) その3 | トップページ | 一弦さん Ver2 »

2016年2月20日 (土)

育児休暇とは?

最近、育児休暇をとろうとした国会議員が辞職するという何ともマヌケなことをしでかしてくれたなと思っていたら、同じ大学出身かよ!情けない

自分の場合、子どもが生まれた頃は育児休暇のない会社に勤めていましたが、家に帰ったら、ミルクやったりお風呂に入れたりオムツを替えたりしました。しかし、子どもによっては粉ミルクは全然飲まなかったりするので、おっぱいが出ない男としてできることはだいぶ少なくなります

育児休暇というものがどういうもので、何日間取れるのか知りませんが、正直子どもは小学校出るぐらいまでは、かなり世話が焼けるもんです。
今言われている育児休暇というのは、生まれる前後の話でしかないので、その辺は有給休暇があるのなら普通に有給休暇でも使えばいいんじゃないかと思います。
ちなみに私は自営業になっていたので、有給ではなく仕事のやりくりでなんとかしていました。

しかも大変なのは赤ちゃんの時だけでなく、幼稚園や保育園から小学校に入っても、PTAへの参加や子どものイベントやらあるので、これも育児の一つだと思います。

自分はPTA会長をやっていたので、授業がある月は最大2日休んでPTA活動に参加していました。
思うにこう言う休みを育児休暇として取るべきではないかと私は思います。
そして国会議員のような公人が育児休暇を取るのであれば、自分の子どものために休むのではなく、みんなの子どものために休む方がもう少し世間の共感は得られたでしょうが、まぁ人徳のない人が言っちゃったから余計にイクメン達の肩身が狭くなった感じですね。

しかし、私は他の父親に比べると、結構な時間を子どもと一緒に過ごしたと思うのですが、それでもまだ足りません。子どもと遊ぶ時間や一緒に何かする時間というのは、二度とない宝物です。
今回は国会議員の失脚によって、男の育児休暇というのが立ち消えしましたが、世の中のお父さんたちは、自分の子どもや他の家の子どもに対する休みとして、育児休暇を取った方が人生楽しいと思いますよ。

« 音楽と数学(集合) その3 | トップページ | 一弦さん Ver2 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 育児休暇とは?:

« 音楽と数学(集合) その3 | トップページ | 一弦さん Ver2 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ