« PTAの意味 | トップページ | 音楽と数学(集合) その2 »

2015年11月 1日 (日)

クリエイティブなものたち

今年は毎日何かしらの開発をやってますね。

これから年末に向けてもいろんなところで私が作成したものを、利用する方もいるかもしれません。

そういえば今までに作ったソフトウェアはいろいろあって、今でも使われているものもいっぱいありますが、新卒で入って作った電子CADのグラフィクスと幾何演算部分がまだ使われているそうで、それ以降も監視カメラの組み込み部分や監視システムの管理者用画面やら、身近なものだとホームページも作成したりしてます。

自分は音楽もやっているわけですが、音楽だと対応してくれるお客さんは少ないですが名前は知られます。しかし、ソフトウェアの方は幅広いお客さんが使っているのにも関わらず、私が作っていることは誰も知りません。

つまり音楽にはユーザ各人に好みが複雑分かれていて、あのU2のボノさんが新しいiTunesに無料で自分の音楽をみんなにダウンロードさせたら、怒る人の多いこと。
本人はそのつもりはなくても、音楽だけはどんな有名ミュージシャンでもいらないものはいらないという状況で、どんなに本人がいいと思って作った音楽でも不要な人には役に立たないということです。
逆に、例えば音楽データを管理するiTunesというアプリ自体が嫌いだから使いたくないと怒る人は、よほどのApple嫌いなMicrosoft社員以外は考えられません。このようにソフトウェアは個人の好き嫌いに関わらずみんなが使うものとして役に立っているわけですが、では誰が作ったのかというと、スティーブジョブズが作ったのではなく、その中の社員が集まって作ったのであって、作った人達の名前は誰かわかりません。

その点は音楽と技術の大きな違いでしょうね。
そのため私は名前よりもみんなが使ってくれるものを作りたいと思い、人前で演奏することを一時期やめていました。
しかし、たまに私の演奏を聴きたいという人がいるので、細々と演奏をしています。
その人が居なくなったら人前で演奏をするのをやめるでしょうね。
ただし音楽は大好きなので、自分は練習と自己満足な録音は死ぬまで続けると思います。
多分ソフトウェアもみんなが欲しくなくなったら、自己満足なソフトウェアの作成を続けると思います。
これだからモノづくりはやめられないです。誰も褒めてくれなくても作り続けたいと思います。

« PTAの意味 | トップページ | 音楽と数学(集合) その2 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131370/62589615

この記事へのトラックバック一覧です: クリエイティブなものたち:

« PTAの意味 | トップページ | 音楽と数学(集合) その2 »

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ